Natural Mama

育児、仕事、体に優しい食事を発信する子育てBlog

外で働けなくてもお金を生み出したい!私が在宅ワークをしようと思ったきっかけ

2016/05/17

work-at-home-mom-scams

こんにちは!
私は元々、長男が2歳の時から保育園へ入所させて外でパートの仕事をしていました。
今回はその時にあった大変だったことなどをふまえて、現在は保育園から幼稚園へ移り、専業主婦になれたのにも関わらずなぜまた仕事がしたいと思ったのかお話しようと思います。


保育園へ預けながら外で働くことの大変さ

私は、基本的に1日7~8時間、週4日でパートとして働いていました。
仕事自体は楽しくやりがいも感じていましたが、仕事柄朝がとても早く、8:30には着替えて出勤していないといけなかったため、子供を園に送ってからとなると6時30分には起こし、急いで朝ごはんを食べさせ洗濯物を終わらせ、自分と夫のお弁当を作り7:30には家を出発するという毎日を送っていました。

保育園までは自転車で通っていたため、雨が多く降る日や風が強い日なんかは駅まで歩き、電車で行く手段をとっていたため更に早く家を出なくては間に合わないという現実。。

もちろん、子供は思い通りには動いてくれませんので、「今日は保育園行きたくない!」とかも日常茶飯事のようにありましたし、思うように駅まで歩いてくれず遅刻しそうになったことも何度もありました。

その度に私の心が折れそうになり(苦笑)、こんな思いまでして働く意味ってなんだろう…とよく考えていたものです。

お迎えに行くと、子供はとても楽しそうに保育園生活を送っていたのですが、二人になった途端にワガママ言い放題で暴れることもよくありました。
きっと、私自身余裕がなかったことや、長男自身も疲れや、保育園で何かしら我慢やストレスを抱えていたのだと思います。

それでも保育園へ預けて働いて良かったと思うこと

もちろん、今となっては大変なことも沢山あったとは思いますが、保育園に入れて良かったこともあります。

それは、長男が小さい頃から集団生活を送ることで、人見知りをしないで積極性のある子に育ったということ。
これは元々の性格もあるかもしれませんが、先生や異年齢の子達と触れ合うことで、誰にでも気軽に話しかけて仲良くなれる子に成長したと感じています。

他にも、私自身の仕事やスキルアップという点も良い経験になったと心から感じていますし、仕事が大変な時でも子供も頑張っているからと、踏ん張ってやってこれたのも自分を成長させる良い機会だったと思います。

また、保育園の先生方は、トイレトレーニングをはじめ日常生活に近い時間を子供と保育園で過ごして下さるので、自分一人だけで主に子育てしている感覚があまりなく、不安なことも悩んでいることも、その都度先生方に相談しアドバイスをもらえたことも良かった点でした。

私の場合は引っ越してきたばかりということで、周りに知り合いもいなかったこともありました。
そのため子育てにつまずいた時に、職場の先輩ママから心強い言葉をもらって勇気づけられたことがあり、その時は特に頑張って仕事しながら保育園へ預けていて良かったな、と思ったことがありました。

スポンサーリンク

保育園から幼稚園へ。そのギャップにびっくり

働き始めて3年目になった頃、第2子を妊娠したことをきっかけに保育園から幼稚園へ転園しました。

長男も保育園生活に慣れていたので、出来ればやめさせたくなかったのですが、パートだったため育児休暇をとることも出来ず退園するしかなかったのが現実です。
入園料も制服代もまたかかってしまうけど、子供が幼稚園をとても楽しみにしていたこともあり通わせることに決めました。

しかし!
保育園と幼稚園の色々なギャップに最初はとても驚きました…。

①行事がやたら多い。ひと月に何度も幼稚園へ出向くことに。
園のカラーにもよるのかもしれませんが、とにかく行事の多さに驚きました。
親子遠足をはじめ、親同士の親睦会、園庭で親子でお弁当を食べる会、ママ達が企画した公園遊びなど…
保育園では、もちろん働いているママがほとんどなので親参加の行事は3か月に一度くらいだったためえらい違いに驚きました。

②ママ達との交流が濃い。
年度途中から入園したこともあり、予想通り既にグループが何個か出来ていました。
それはそれで構わないのですが、皆さん学生時代の友達同士?ってくらい仲良くワイワイ話されていてちょっとびっくりしました。
私自身、あっさりとした付き合いのほうが好きなため保育園での挨拶程度の交流がちょうど良かったのです。
バス停で子供を見送った後のおしゃべりも、長い時は30分くらいあったりしてげっそりしたことがあり(皆さん良い方なんですけどね)それからは自分のペースで帰りたい時はさっさと帰るスタンスをとっています。(笑)

③園での様子がわかりにくい。
バス通園ということもあり、担任の先生にはまず園に行かない限り会うことは出来ません。
保育園の時は、直接園に送り迎えしていたということもあり、毎日の様子を先生方から聞くことが出来たのですが、うちの幼稚園では連絡帳に今日の様子を書くこともしていないため子供が話してくれない限り様子が全くわからないのです。
今はもう慣れましたが、通わせた当初は少し不安に思っていました。
また、この時はじめて保育園へ直接送迎していたことは良いことだったんだな、と感じたものです。

それでもやっぱり仕事がしたいと思った

色々と保育園と幼稚園にギャップは感じますが、子供が幼稚園をとても楽しんでいるのを見てそれはそれで良かったと思っています。私のほうが早く慣れないといけません。(笑)

でも、やはり仕事をしていないと収入が途絶えてしまいます。
うちは夫の収入だけでは少し苦しいこともあり、何とかして自分でも隙間時間に仕事がしたかったということもあり毎日家事と子育ての繰り返しに少し焦りを感じていました。

また、自分自身でお金を稼いでいることに充実感を感じるタイプでもあったので、何かしら行動していたい!という気持ちもありました。

ただ、妊娠中の今は外で働くことは難しいですし、下の子が産まれてすぐにまた仕事へ…というのも過去の経験から考えてあまりしたいとは思えませんでした。

どこにいても仕事が出来て、自分で収入を得られるという形にとても魅力を感じていたので、そういう自由な働き方をしたかったのです。
そこで色々探して辿り着いたのが、パソコンとネットを使った在宅ワークでした。

まずはお小遣い程度でも全然良いので、どこにも雇われずに自分の力で収入を得るという経験をすることはとても大事だと思います。
それが、自分でもお金を生み出せるんだ!という自信に繋がり、だんだんと収益を増やしていこうという向上心にも繋がるからです。

私はまだ始めたばかりではありますが、数千円から1万円の利益が出せそうだなと感じています。
その後は3万円を目標に、安定して収入を得ることが今の目標です。

では、具体的にどんな在宅ワークをしているのか?次の記事でお話します(^^)

Blogランキングに参加しています。

-子持ち主婦の働き方
-, , ,