Natural Mama

育児、仕事、体に優しい食事を発信する子育てBlog

妊娠中に私が食べた&飲んでいたもの【飲み物編】

2016/06/04

こんにちは!

早いもので、現在私は妊娠9か月を過ぎました。
出産まであと1か月…。
2人目ともなると、あっという間の9か月でした。

 

上の子を追いかけてる毎日で運動量も一人目の時より多いとは思いますが、それでもやっぱり気になるのが体重。
妊娠中だと栄養面も特に気になりますよね。

 

私はわりと食べたいと思うものを我慢しないで食べるほうですが、それでも普段よく口にするものには少し気を付けていました。
今回は、私がオススメだと思った飲み物や食べ物を、参考になればと思いご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

飲み物編

 

白湯

shutterstock_291627656-2-2-e1442461002772


 

白湯とは、簡単に言うとお湯のことです。
一度沸騰させたお湯をひと肌程度にさましたものを、白湯と言います。
赤ちゃんに飲ませる湯冷ましのようなものですね。

ただ沸騰させたお湯を飲むだけなのに、ほんのりと甘くて口当たりまろやかで、美味しいんですよ。
それに、白湯の効果はすごいのです。

・内臓が温められて代謝アップ
・消化作用を促進し、老廃物を排出しやすくなる
・便秘解消、冷え症防止に効果がある

などなど。

確かに飲むとトイレに行く回数が増えたり、体が喜んでいる感じがしていました。
温かい飲み物なので、秋や冬、肌寒い時に特にオススメです。
もちろん、夏場でも冷たいものより白湯はお勧めですよ。

きちんとした作り方は、やかんで10分沸騰させて…など時間がかかりますが、私はそれじゃまず続かないのでティファールの電子ケトルで沸かしたものをひと肌程度に冷まし、飲んでいました。
朝起きて最初に摂取していることが多いです。


 

レモン水

11031011420


こちらも手軽で美味しく飲めるものとしてお勧めです。

ミネラルウォーター又は浄水したお水に、無農薬のレモンを薄く輪切りにしたものを入れるだけ、です。
アメリカ産など海外から輸入されてくるレモンには、ほとんど防かび剤が使用されています。
なので防かび剤不使用の、国産レモンを使うことをお勧めします。

 

見た目も爽やかですし、ただの水じゃちょっとな、と思う方にレモン水は良いですよ。
口当たりもさっぱりするのでつわりの時によく飲んでいました。
同時にビタミンCも摂取できるので、栄養もとれちゃう。
口寂しい時なんかは飲み終わった後に、残った輪切りレモンをぽりぽりと食べていました。(笑)

 

レモンを買ってもそんなに消費しきれない、という方は最初に全て輪切りにして冷凍しちゃえば、飲みたい時にポンっといれるだけで簡単レモン水の完成です。
ホットでいれて蜂蜜もプラスするとはちみつレモンの完成です。

ポッカレモンなどの液体レモンではなく、是非フレッシュレモンで試してみて下さいね。


 

無糖の炭酸水

16-05-03-22-58-41-733_deco


疲れた時なんかに、よく炭酸水を飲みたくなりました。
でもサイダーには砂糖が多く使われているし、コーラはいかにも体に悪いし…と思った時にスーパーで見つけたのが無糖の炭酸水です。
よくお水売り場や、お酒と割る飲み物の売り場に置いてありますよね。

 

はじめは無糖の炭酸水、美味しく飲めるか不安な部分がありましたが、今では大好きに!
先程のようにレモンをいれても良いですし、ミントをちぎっていれたらモヒートのように。

とにかくさっぱりするしカロリーも気にしなくて良いし、オススメです。

今はいちいち炭酸水を買うのも重いから、自宅で炭酸水が作れるソーダストリームが欲しくてたまらないです…。

 

味に変化が欲しい時なんかは、ラズベリー等の果物を入れたり、チアシードをいれたりしています。
オーガニックのコーディアルで割ってもとても美味しく飲むことが出来ますよ。


こちら私のお勧めするコーディアルです。すっごく美味しいし砂糖もきび砂糖使用なので安心。

炭酸水は、お腹も膨れる感じがするので食べ過ぎ防止にも良いかもしれません。


 

グリーンスムージー

IMG_20160415_084504


こちらは栄養補給に、または朝食代わりによく飲んでいます。
小松菜+リンゴ+バナナなどの果物をガーっとミキサーにかけるだけです。

 

小松菜やホウレン草を入れると鉄分も摂取できますし、バナナをいれると口当たりもまろやかになるので飲みやすくなりますよ。
果物によって味の変化が楽しめるので、色々な果物で試してみても良いかもしれませんね。

私は、多めに作って長男、夫にも飲ませてみんなで栄養補給していました。

 

あとは、ウォーキングへ行く際に水筒へいれて飲んだり。
結構お腹も満たされるし、果物のおかげで血糖値も保たれて元気にウォーキングすることが出来ます◎

ちなみにうちで使っているミキサーです。
値段が手頃な割に、葉物野菜も舌触りが気にならないくらい細かく粉砕してくれるのでオススメです。


 

妊娠後期にお勧めのラズベリーリーフティー

large_727854_1


こちらは、8か月~臨月の方にお勧めの飲み物です。


私はこちらのメーカーの物を飲んでいます。
パッケージも可愛いし、オーガニックなところが良い◎
ちなみに他のフレーバーもとても美味しいんですよ。

 

ラズベリーリーフティーには、子宮を収縮させる作用があります。
そのため子宮口を柔らかくしてくれたり、陣痛を促進させてくれたり、痛みを和らいでくれたり。
出産時の出血も抑えてくれる作用なんかもあります。

一人目の時にラズベリーリーフティーを知り、早めに飲むのは少し不安だったので、もういつ産まれても良い正産期に入ってから毎日飲んでいました。
結果、39週で3800gのビックベビーを9時間で産みましたよ…^^;

 

お医者さんには、「このくらいの大きさの子を、この時間で産んで出血量もそんなに多くなかったのはラッキーだったね」と言われました。

ラズベリーリーフのおかげ?かどうかはわかりませんが、私は飲んでいて良かったと思っています。

しかもこのハーブティー、母乳にもとても良いんですよ!
母乳の出を良くしてくれます。(私はこのハーブティーを飲み続けて無事完母で育てることが出来ました。)

子宮を収縮してくれるので、産後の体の回復も早くなります。まさに良いことずくめです。
ただ、切迫早産や安静を言われている方はお医者さんに相談してから飲むようにして下さいね。

私も今回また、正産期に入ったら毎日飲み続けようと思っています。
この香りを嗅ぐと、妊娠中~産後の時期を思い出します。まさに思い出の飲み物…。



ちょこっと豆知識。
牛乳よりも豆乳がオススメ


これは助産師さんから教えていただいたことなのですが、牛乳は体を冷やす作用があるため特に日本人は豆乳を摂取したほうが体に良いみたいです。

私は、牛乳大好きなので(それでも一応低温殺菌牛乳や、ノンホモ牛乳を摂取するようにしていました)

毎日普通に飲んでいたのですが、”体を冷やす”ということを知ってからは今まで牛乳を飲んでいた割合を少しだけ減らし、豆乳も飲むようになりました。

きな粉とはちみつをプラスしたり、甘酒で割ったりしても豆乳は美味しく飲むことが出来ますよ。

そうそう、甘酒と言えばこれもとってもオススメの飲み物です。
アルコールが入っていない、米麹から出来た甘酒です。

長くなるので詳しくは書きませんが、甘酒は飲む点滴と言われているくらいミネラルや栄養分が多い飲み物です。
冬場なんかに、特にオススメですよ。最近は氷を入れて飲む冷やし甘酒も販売されていますね。


 

 

伝えたいことが多くて、長くなってしまいました。
次回は食べ物編ということで、おすすめのおやつをご紹介致します。

ここまでお読みいただきありがとうございました(^^)

Blogランキングに参加しています。

-子育て, 日々のこと
-, , , , , , ,