Natural Mama

育児、仕事、体に優しい食事を発信する子育てBlog

ランサーズをはじめてからの私の一日の流れ

2018/02/24

IMG_20160619_221800

 

こんにちは。

最近ブルーライトを軽減できる眼鏡が欲しくてたまらない私です。

画像は今日のおやつ、ネイチャーバレー(Nature Valley)のオーツ&ハ二ー味です。
蜂蜜の甘さが効いた割とヘルシーなグラノーラバーです。

スーパーへ買い物に行った時、「ビスケットやクッキー系が食べたい…」と思い探していたのですが、原材料を見るとどれも“ショートニング”やら添加物の文字ばかり。
どうせなら材料も含めて「美味しい」と心から思えるものを食べたいから、その日は買わないつもりだったんだけどシリアルのコーナーをのぞいたらこのネイチャーバレーが1個60円で売られていたのです!

いつもは、夫も会社へ持っていくのでコストコで大きい箱で買うのですが、コストコは夫の実家の方がいく時にご一緒させてもらっているのでなかなか行けず。
今回スーパーで小売していてラッキーでした!迷わずまとめ買いしました。

原材料も、ビタミンB1が豊富のオーツ麦、砂糖、ひまわり油、はちみつ、食塩、糖蜜、乳化剤(大豆由来)、膨張剤といたってシンプルなのです。
一袋2枚入っているので割と満足感もあります。たまに砕いてバナナと一緒に牛乳かけてシリアルにして食べたりもしますよ~甘いけどね。(笑)
そんなお勧めおやつでした。

 
本題に入ります。
ランサーズを始めてから一ヶ月ほどがたちました。

幼稚園年中の息子を育てながら、平日はほとんど家で仕事しています。
そんな1日の流れを今日はご紹介したいと思います。


 

6:00起床
夫のお弁当、息子のお弁当作り

7:00
夫出勤(めっちゃ早いのです…)
息子を起こし、一緒に朝ごはん、隙間時間で洗濯機をかける

8:30
洗濯物を干し終え、息子を園バスに乗せて見送る

8:45
ママ達と話し込まなければその後すぐに帰れるので、食器洗いや掃除機など残った家事を終わらせる

9:00~
パソコンを起動し、好きなお茶を用意して仕事開始

12:00
お昼ご飯

13:00
野菜のカットや味噌汁だけでも作るなど、夕飯の下ごしらえを軽くすませておく
(出来る時だけ。やると気持ちに余裕を持って子供と接することが出来るから)

14:00
お迎え、息子帰宅。
(幼稚園早い…!)

14:00~17:00
家でおやつを食べたり、公園へ連れていったり買い物へ行ったり。

18:00
夕飯

19:30
お風呂に入る

20:30
本を読み、寝かしつけ

21:30
仕事再開
残っているものを軽くすませる、明日スムーズに仕事を開始出来るように区切りの良いところまでする。

22:00
夫帰宅、夕飯をだす

24:00
遅くても24時までには就寝

こんな感じです。

 

1日の仕事時間、たったの3~4時間しかない!(>_<)
パソコンへ向かって仕事をしていると、本当に時間の流れが早いです。
なので、いかに効率よく仕事するかが結構大事になっています。

 

しかも、夫が朝早いのは構わないのですが、夜も遅いんです…。
お休みも、まともにとれて週1日。
なのでほぼ育児は私がやっている。

夫婦の会話ができる時間は夜だけなので、その時にさぁやっと仕事再開!となってもそんなに仕事が出来ないことが多いです。

仕事片手に話してもちゃんと向き合えないし、向こうも気を使うので。

それでも納期が近い時には理由を言ってやらせてもらっていますが。。
そういう時は夫もパソコンで仕事してたりのんびりしたり、洗濯たたんだりお皿洗いだの残りの家事をしてくれています。(感謝)

 

 

育児との両立


 

子供が幼稚園から帰宅してからは、パソコンへ向かうことはあまりしたくない。

出来たとしても集中できないんですよね。

相手をしてあげていないという負い目を感じながら仕事するのも心苦しいし…

それなら、子供がいる時は仕事しない!と割りきったほうがメリハリがつきます。

自分も体を動かす時間、と思って一緒に公園へいったり遊ぶようにしています。

 

雨の日家にいる時なんかは、粘土遊びをしたりお菓子を作ったり。

ただ子供が一人遊びをしている時なんかは、ノートに仕事の記事で書きたい要点をまとめたりはします。

それをしておくことによって、パソコンへ向かった時にすぐ仕事へ取りかかることができるからです。

 

 

吉見夏実さんのブログとの出会い


 

育児をしながらライター業を効率良くする方法は、吉見夏実さんのブログを読んで学びました。

私はランサーズを始めてから、吉見さんのことを知りました。
子供の年齢は違いますが、この方も育児をしながらライター業をバリバリこなすワーキングマザーです。
(現在はライター業もこなしつつ講師になり教える側としてもご活躍されています。)

 

この方のブログを読むと、ライターとしての心構えや仕事の工夫の仕方など、参考になることがたっくさん書いてあります。

子育てにおいてもためになることが書いてあるし、なるほどなぁ、この人頭良いなぁと思いながら読んでいます。

 

中でも、ブログで食べていくという内容だったかな、その本当の意味を今一度考えてみてほしい、という記事はとても考えさせられる内容の記事でした。

ブログが本当に好きで好きで、それを本業にしたいと本気で思っているのか、それとも他にやりたい目標があり、ブログはその手段のひとつなのかどうかということ。

 

私は正直言って後者のほうです。

書くことは好きだし、ブログもストレス発散のひとつになっている。
ライターの仕事も、自分の文章が誰かのためになりお金に繋がる。

そういう所にやりがいを感じたり利点はありますが、その中に本当にある思いは

・育児や家事を優先させながら仕事がしたい
・雇われている時は、毎日バタバタしながら子供を保育園へ預けることが嫌だった
・あれしろこれしろと指図されるのが、そもそも好きではない(楽しいと感じることしか出来ない。笑)

 

もちろん、雇われていた頃、決められた時間責任をもって働けばちゃんとお給料が支払われることにはとても感謝していました。

でも、それは育児を少し犠牲にしてしまう我慢料だったり、職場での人間関係でストレスを感じたりしながらのお金だったんですよね。

 

何より嫌だったのが、子供が熱を出した時にすんなり休ませてあげられないこと。
仕方のないことなのですが、職場に休みますと言えばあまり良く思われないし、パートだったため当然仕事へ行かないと給料も減ります。

出勤時間ギリギリまで、何度も熱をはかってしまうことが親としてとても辛いことでした。
本当はすんなり休ませて傍にいてあげたいのに…。

その点自宅でライターをしながら働くスタイルは、自分でスケジュールを調整すればいいだけなので納期さえ守れば誰にも迷惑がかかることはありません。

だから私は、ライターという仕事を選びました。

 

 

私が本当にやりたいこと、本当の目的


 

・本当は自分の作ったお菓子で世の中の人を笑顔にする、仕事がしたい。
・畑や自然と触れあいながら、野菜を売ったりしてお金を稼ぎたい。
・資格をとって、育児が落ち着いたらお年寄りの方のためになる仕事がしたい。

 

そういう本当の目的のために、今何が出来るのか?
その手段がブログやライターということなんだな、と思うと途中で投げ出すこともなさそうです。

あまりよく考えず、ライターとしてバリバリ仕事するわ!という意気込みだけで始めると、途中で息切れして「私、なんでライターしているんだろう」と思ってしまいます。

そんなことを、吉見さんのブログのおかげで考えることができ、自分軸をしっかりと確認することが出来ました。

 

 

 

そんな私のライターとしての1日。
正直言って、平日幼稚園の行事が入ることもたくさんあるし、子供関係の付き合いで日中用事があることもあり、予定通りに進まないことも多いのが現状です。

それに、これから二人目が産まれたらまた仕事のペースやスタイルも変わってくるんだろうけど、無理のない範囲で少しずつ成果を増やしていけたらいいな…と思っています。

それでも楽しく仕事が続けられるのは、平日のうち1日は自分の好きなことをする日を作り、その日の日中は仕事をしません。(もちろん毎週出来ているわけではないです。そんな時は日曜の朝を利用する)

 

動くことが好きなので、ひたすら歩いて買い物へ行ったり、プールに泳ぎにいってリラックスしたり、自宅でパンやお菓子を作ったりして楽しむ日を作ります。

そのおかげで、この日までにここまで終わらせればフリーにできるから頑張ろう!と思えたり仕事の効率が上がります。

ずっとパソコンに向かってると、体がなまってるのがわかって動きたい欲がザワザワしてくるんですよね(^^;

 

でもそんな風に、毎日を過ごしていると本当に充実感があり細かいことで悩まなくなります。

私は結構些細なことを気にしてしまったりする性格なので、これくらい自分にやることを与えているほうがちょうど良いです。

しばらくこれで頑張ってみようと思います。
ただ今は、二人目の赤ちゃんが産まれて育児に専念できることが何よりも楽しみです。
何だろう、一人目の時とは違う余裕があるのかな。(笑)
バランス、しっかり作らないとですね。



クラウドソーシング「ランサーズ」

ランサーズって何?という方は是非のぞいてみて下さいね。

Blogランキングに参加しています。

-子持ち主婦の働き方
-, , , , ,